前へ
次へ

地域差のある結婚式のマナー

結婚式のマナーは地域差もあるので注意をしたほうがよいでしょう。
最近では伝統などあまり気にしな

more

時代とともに変わる結婚式のマナー

昔は結婚式に参加をした際に受け取る引き出物もその数が多い方が好ましいとされていました。
しかし

more

知っておくべき結婚式のマナー

最低限押さえておきたい結婚式のマナー、どれだけ理解しているでしょうか。
常識的なことを上げるな

more

結婚式のマナーを調べてみよう

今まで一度も結婚式に出席したことのない人にとって、結婚式のマナーはどんなものなのか知ることはできません。
しかし、一生に一度くらいは招待されることもあるでしょう。
いざという時に恥ずかしい思いをしなくて済むよう、大人になったらマナー本などを購入して、ある程度の基礎知識は身につけておいた方がいいかもしれません。
書籍を購入するのが面倒なら、インターネットで情報を検索してみるのもいいでしょう。
結婚式のマナーといっても、最近は随分と形式が緩和されてきているのでそれほど緊張しなくても構いません。
基本的なことだけを把握しておけばいいのです。
例えば、受付でご祝儀を渡すといったことがよく挙げられます。
どのような感じで渡せばいいのか、金額はどのくらいが適当なのかといった点を調べておきましょう。
新郎新婦との関係性によって金額は異なります。
友人と一緒に出席するのなら、友人と金額を合わせておきましょう。
差が出てしまうと後々トラブルになってしまうこともあるからです。

結婚式のマナーは葬儀のマナーよりもこれといって気をつけることはありません。
ご祝儀を受付で渡したら、後は案内された席に着くだけのことです。
司会進行によって祝辞を述べたり、余興をしたりすることもあるでしょう。
これらは出席する前に新郎新婦からお願いされているはずです。
後は進行どおりに行えばいいだけです。
最後に引き出物を渡されることがあります。
最近は持ち帰りの荷物にならないような物が多くなっているものの、大きくてかさばる場合は宅配便の手配をすることも可能です。
会場スタッフに相談してみましょう。
後は結婚式のマナーというと仕草ではなく、服装に気をつけるといったことが挙げられます。
白は花嫁の定番なので避けるべきといった風潮があるので、このくらいは覚えておきましょう。
もちろん花嫁よりも目立つような格好もタブーとされています。
どんな服装で出席すればいいのか分からない場合は周囲に相談したり、ファッションレンタルサービスを利用してスタッフに相談したりしてみるのもいいかもしれません。
その道のプロのアドバイスなら安心です。

Page Top